首イボ除去が痛くない!おすすめできる市販薬の首イボ除去クリームの中で一番効果があるのは?口コミを参考に選んでみよう!自分で切る際の注意点や、オリーブオイル、ハトムギが首イボに効くって本当?検証します。

首イボ除去のおすすめ市販薬クリームで一番効くのは?口コミから見てみよう!治療や予防の方法【2018】

首イボ除去法

首イボレーザー治療のメリットとは

更新日:

首イボレーザー治療とは

ウィルス性のイボ

首にできてしまったイボは、もしかするとウィルス性のイボかもしれません。

首はイボができると目立つ箇所であるため厄介ですが、皮膚科ではレーザーによる治療を推奨しています。
レーザーということで尻込みしてしまうかもしれませんが、下手に切除してしまうと跡が残りやすいこともあり見た目も気にするのであればレーザー治療はおすすめの方法なのです。

また、ウィルス性のイボはその名前から連想できるように、人から人へ感染るタイプだとされています。
ウィルス性のイボを放置するのは周囲への影響も考えて好ましい方法ではないので、早め早めの治療を心がけて一刻も早く綺麗な首の状態へ戻したい所でしょう。

炭酸ガスレーザー

今皮膚科でイボのレーザー治療を受けるのであれば、主に炭酸ガスレーザーが選択肢に入るでしょう。
炭酸ガスレーザーとは、気体化した炭酸ガスを該当箇所に照射し、イボを発生させている細胞から除去していく方法です。

細胞レベルで除去することから確実に除去できますし、レーザー治療なので細かく細かく治療していくことも可能です。
首はデリケートな箇所なので、治療の精密さが要求されることは間違いありません。

炭酸ガスレーザーはその点をクリアしているため、どの皮膚科に赴いたとしてもまず選択肢として考慮しなければならないレーザー治療方法なのです。

また、炭酸ガスレーザーは何も首イボだけに特化された治療方法ではありません。
首に残りやすいシミやほくろなど、他にも目立ちやすい部分への治療にも使われるため、首イボ以外にも治療したい箇所があるのなら皮膚科に相談してみると良いでしょう。

あくまでも相談の結果次第となりますが、首イボと同時にそれらも治療してしまえるかもしれません。

YAGレーザー

YAGレーザーは脱毛にも使われるレーザー機器であり、色に反応することが最大の特徴となっています。
反応する色は黒や赤といったイボに現れやすい色であり、メラニン色素も同じ色をしているため炭酸ガスレーザーと同様にほくろの治療にも使われるレーザーです。

また、YAGレーザーは肌への刺激がそれほど強くなく、敏感肌の人など個々人の肌の強さに合わせて治療を行える点が最大の特徴といえます。人によって肌の強さは異なりますし、丁寧な治療を行わなければならない患者もいます。

そうした方でも安心して治療を受けられることから、炭酸ガスレーザーと合わせて首イボ治療の最前線を担う治療方法といえるでしょう。

液体窒素で治療する

レーザー治療とは異なりますが、液体窒素を用いて治療する方法も存在します。液体窒素による治療もレーザー治療と同様にウィルス性の首イボに使われるため、用途としてはレーザー治療と遜色ありません。

ただし、レーザー治療の方が対応できる範囲は広いため、より確実に治療を施したいのであればレーザー治療一択といえます。
あえて液体窒素治療を選ぶ理由としては、保険の存在が大きいでしょう。

液体窒素による治療は医療行為となるので、保険が適用されます。美容面を考慮した場合はレーザー治療に劣りますが、保険を考慮したうえで比較すると液体窒素に軍配が上がることもあります。

ただし、レーザー治療よりも跡が残りやすいといわれており、その点がネックとなる方も多いでしょう。
首イボ治療は見た目が大きく影響している方も多く、その点を完全に解消できないのは液体窒素治療のウィークポイントといえます。

首イボレーザー治療のメリットについて

痛みが強くない

レーザー治療と聞いて、最初に連想するのは痛みを伴う施術かもしれません。

レーザーという言葉自体が何となく物物しい印象を与えてしまいますが、実は先述した液体窒素による治療よりも痛みは少ないとされているのです。

その理由はいくつかありますが、まずはレーザー治療の方が施術回数が少なくて済む点が挙げられるでしょう。
痛みが少ないとはいえ、レーザー治療でもやはり若干の刺激は感じます。

そんな中でレーザー治療は一度の施術で完了するため、治療する面積にもよりますが我慢するのは一度だけで問題ありません。

対して液体窒素による治療は複数回に分けて行わなければならず、また痛みも強いとされています。
レーザー治療に対する痛みの感じ方も個々人に寄って異なるとされていますが、回数が少ないほどかかる時間も少なくて済みますしメリットだらけでしょう。

見た目も改善する

首イボレーザーを検討した理由としては、やはり見た目上の問題も大きいでしょう。首イボのせいでファッションが制限されてしまったり、目立つことを恐れてしまう女性はたくさんいます。

しかし、下手な治療を施してしまうと跡が残ってしまい、せっかくの首イボ治療が無駄に終わってしまいます。
その点首イボレーザー治療では、色素沈着など考えられる見た目上のデメリットが起こりづらく、元々首イボがあったと思われない程度に元通りの首に戻ることができます。

施術後すぐは多少目立ってしまうかもしれませんが、それもしばらくの我慢です。
数ヶ月もすれば人によってはほとんど目立たなくなりますし、一年経てばほとんどの人が施術した跡も残らなくなります。

注意点としては、レーザー治療後は肌も敏感になっているためなるべく刺激を与えないようケアすることが大切です。
特に紫外線は天敵となりますし、ウィルス性の首イボを再度貰ってしまわないようプールや温泉は避けた方が賢明です。

とにかく首を労ってあげることで、首イボの再発生を防ぎましょう。レーザー治療は経過観察も含めてしばらく時間がかかるため、その間は注意が必要です。

ただし、時間がかかるとはいえあくまで経過を観察するためのもので、施術自体は先ほど説明した通り一回で終わります。
実際には麻酔が効くため施術もあっという間に終わりますし、実質的な時間がかからないという点でも優れているのは間違いありません。

対応範囲が広い

液体窒素による治療と何かと比べられがちなレーザー治療ですが、レーザー治療の方が対応範囲が広いことは間違いありません。
液体窒素で治療ができなければレーザー治療へと移行するため、最初からレーザー治療を選択するのも悪い選択ではないでしょう。

基本的には施術を担当する医師との相談を行いながら確かめることになりますが、もしも最初からレーザー治療を希望する場合はその旨を伝えることが大切です。

対応範囲の広さはもちろんのこと、0.05mmごとにレーザーを照射できる細かな対応範囲もレーザー治療の魅力となります。
首イボによってはサイズが小さく、細かく治療を施さなければならない場合もありますが、それをレーザー治療は可能にしています。

触ってみるとザラザラして、見た目はそれほどではないにしろ治療してしまいたい首イボも治療してしまえるのがレーザー治療の利点といえるでしょう。

費用は難しい

費用に関しては、保険が適用されないため注意が必要です。そのため、治療機関によっては他のレーザー治療と大きく金額に差がついてしまうこともあり、よくよく比較したうえで治療を受ける皮膚科を選ぶ必要があります。

逆にいえば、比較を上手に行えば多少値を抑えることも可能、ということです。保険が効かないのは痛いですが、首イボの治療はイボ単位で計算されることが多く、比較も容易です。
少しでも費用を抑えるためにも、費用の計算だけはしっかりと行いましょう。

-首イボ除去法

Copyright© 首イボ除去のおすすめ市販薬クリームで一番効くのは?口コミから見てみよう!治療や予防の方法【2018】 , 2018 All Rights Reserved.